コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

業績評価 ぎょうせきひょうかperformance appraisal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

業績評価
ぎょうせきひょうか
performance appraisal

従業員やその集団 (事業部など) が職務にどれだけ努力し,その目標を達成したかという仕事の成果を設定された基準に照らして評価すること。報奨昇進人事異動などの資料とされる。業績を客観的に評価するためには,あらかじめ期首に業績評価基準が設定され,それには通常は総資本利益率資本利益率売上高利益率,売上高伸長率,市場占拠率などの指標が用いられる。評価基準と実際の業績との差異を分析し,次期以降の経営計画立案に役立てることが業績評価のおもな目的である。なお最近は社会的責任や従業員の育成といった質的な側面も考慮して,それらの達成度を評価する傾向にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

業績評価の関連キーワードKPI(Key Performance Indicator)日本郵政公社(にっぽんゆうせいこうしゃ)政策評価独立行政法人評価委員会KPI(重要業績達成指標)プロジェクトマネージャーバランス・スコアカード会計情報システム販売員業績評価カンパニー制度管理限界の原則販売員報告書プロセス評価職位記述書自己申告制投資利益率投票行動業績投票コア人材人事管理予算管理

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

業績評価の関連情報