コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極地植物 きょくちしょくぶつ

大辞林 第三版の解説

きょくちしょくぶつ【極地植物】

極地に生育する植物の総称。ツンドラにある地衣類・コケ類、小形の多年草など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

極地植物
きょくちしょくぶつ

南北両極地方の寒帯に生える植物。蘚苔(せんたい)、地衣が多く、種子植物ではチョウノスケソウのような矮性(わいせい)低木と低小な多年草が主体で、一年草はチシマミチヤナギなど、ごく少数が知られる。多年草は染色体の倍数性の程度が高く、むかご(胎芽(たいが))などによって無性生殖するものが多い。中緯度地帯の高山と共通の植物が多いが、北極周辺ではヒップシアPhippsia、アルクトフィラArctophilaなどの固有の種属も知られる。南極周辺の極地植物は北極周辺と共通の属のものが多いが、種はまったく異なる。[大場達之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

極地植物の関連キーワード世界のおもな植物園ツンドラコケ類多年草地衣類総称

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極地植物の関連情報