コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極地植物 きょくちしょくぶつ

2件 の用語解説(極地植物の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きょくちしょくぶつ【極地植物】

極地に生育する植物の総称。ツンドラにある地衣類・コケ類、小形の多年草など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

極地植物
きょくちしょくぶつ

南北両極地方の寒帯に生える植物。蘚苔(せんたい)、地衣が多く、種子植物ではチョウノスケソウのような矮性(わいせい)低木と低小な多年草が主体で、一年草はチシマミチヤナギなど、ごく少数が知られる。多年草は染色体の倍数性の程度が高く、むかご(胎芽(たいが))などによって無性生殖するものが多い。中緯度地帯の高山と共通の植物が多いが、北極周辺ではヒップシアPhippsia、アルクトフィラArctophilaなどの固有の種属も知られる。南極周辺の極地植物は北極周辺と共通の属のものが多いが、種はまったく異なる。[大場達之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone