コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極核 きょくかく polar nucleus

5件 の用語解説(極核の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極核
きょくかく
polar nucleus

種子植物の胚嚢の中央にある核。胚嚢細胞が分裂して8核を生じるが,その珠孔に近い4核中,1核は卵子細胞,2核は助細胞となり,残りの1核が胚嚢の中央に位置する。また合点に近い4核中,3核は反足細胞となり,残りの1核が胚嚢の中央に位置する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょく‐かく【極核】

きょっかく(極核)

きょっ‐かく〔キヨク‐〕【極核】

被子植物の胚嚢(はいのう)細胞の核分裂によって生じた8個の核のうち、ふつう胚嚢の中心にある2個の核。花粉管の精核と受精し、胚乳(はいにゅう)になる。中心核。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きょくかく【極核】

きょっかく【極核】

種子植物の胚囊はいのうにある八個の半数性の核のうち、中央部にある二核。合体して全数性となり、さらに花粉からもたらされた精核の一つと融合して三倍性の胚乳組織をつくる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

極核の関連キーワード減数分裂助細胞胚珠胚嚢ホフマイスター異型分裂珠孔珠心大胞子娘核

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone