コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極核 きょくかくpolar nucleus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極核
きょくかく
polar nucleus

種子植物の胚嚢の中央にある核。胚嚢細胞が分裂して8核を生じるが,その珠孔に近い4核中,1核は卵子細胞,2核は助細胞となり,残りの1核が胚嚢の中央に位置する。また合点に近い4核中,3核は反足細胞となり,残りの1核が胚嚢の中央に位置する。この胚嚢の中央に位置する2核がすなわち極核である。この2核は合体することがあるが,その場合はそれを中心核と呼ぶ。極核またはこの中心核は,花粉管を通じて胚嚢に到達する2個の精核のうちの1核と合体し,胚乳細胞形成に関与する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょく‐かく【極核】

きょっかく(極核)

きょっ‐かく〔キヨク‐〕【極核】

被子植物の胚嚢(はいのう)細胞の核分裂によって生じた8個の核のうち、ふつう胚嚢の中心にある2個の核。花粉管の精核と受精し、胚乳(はいにゅう)になる。中心核。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょくかく【極核】

きょっかく【極核】

種子植物の胚囊はいのうにある八個の半数性の核のうち、中央部にある二核。合体して全数性となり、さらに花粉からもたらされた精核の一つと融合して三倍性の胚乳組織をつくる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone