極超音速兵器(読み)キョクチョウオンソクヘイキ

  • きょくちょうおんそくへいき〔キヨクテウ〕

知恵蔵miniの解説

音速の5倍(マッハ5)以上の速さで飛行し、迂回など機動的な動きができるミサイルなどの兵器を指す。現在の地上レーダーでは探知が困難であるとされている。2019年末、ロシア新鋭の極超音速ミサイルシステム「アバンガルド」を初めて実戦配備したと発表。中国も19年10月の軍事パレードで極超音速兵器を搭載するミサイルを披露した。両国に遅れをとっていた米国も20年3月に極超音速滑空体(C-HGB)の飛行実験に成功したと発表しており、開発競争が激化している。

(2020-3-25)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極超音速兵器の関連情報