コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽弓 ガッキュウ

デジタル大辞泉の解説

がっ‐きゅう〔ガク‐〕【楽弓】

弓に張った弦をはじいたりたたいたりして音を出す原始的な弦楽器弓琴

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楽弓
がっきゅう
musica bow英語
Musikbogenドイツ語
arc sonorearc musicalフランス語

弓の弦を鳴らす楽器。弓琴ともよばれる。弾力性のある棒を曲げて両端に紐(ひも)を結び付けたものと、棒の一部を裂いて弦にしたもの(切り出し弦式)とがある。狩猟の弓との先後関係については意見が分かれている。現在は、パタゴニアからカリフォルニアまでのアメリカ、中央および南アフリカ、アジア、オセアニアにみられる。かつてはヨーロッパ(オランダ、イタリア、リトアニア、東プロシア)でもみられた。発生は新石器時代で、最古の弦楽器として、弦の数を増したものがライアやハープ系統の楽器に、共鳴器をつけたものがリュートやチター系統の楽器につながったとされる。[前川陽郁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の楽弓の言及

【弓】より

…戦闘・狩猟などに用いる弓に似た音楽用具が二通りある。(1)弓自体を楽器とする場合 つまり弦が発する音を利用するもので,楽弓musical bow,弓琴(きゆうきん)などの総称語がある。実例としてしばしば挙げられてきたのは,アフリカ,南アメリカなどのものであるが,他の地域にも散在する。…

※「楽弓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

楽弓の関連キーワードミュージカル・ボウオセアニア音楽アフリカ音楽モノコード民族音楽ウクレレ弦鳴楽器共鳴器チター一弦琴

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android