コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感興 カンキョウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐きょう【感興】

何かを見たり聞いたりして興味がわくこと。また、その味。「感興の赴くままに筆を走らせる」「感興をそそる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんきょう【感興】

興味がわくこと。面白みを感じること。 「 -がわく」 「 -のおもむくままに一首作る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

感興の関連キーワードグラーフ(Peterシフ(András Schiff)待たぬ月日は経ちやすい悲しい・哀しい・愛しいカストロ・アルベス意到りて筆随う四王呉【うん】中務内侍日記ハズリット子をつれてソリーリャパーリ文学スイトナー『徒然草』野上弥生子ウダーナ思い残すカツルス佚存叢書退屈読本

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感興の関連情報