コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽戸 がくこ

世界大百科事典内の楽戸の言及

【雅楽寮】より

…日本在来の歌舞や,外来の歌舞・音楽の演奏・演舞と,後継者育成のための教習をつかさどる。頭・助・大允(じよう)・少允・大属(さかん)・少属各1人と使部20人の官人のほか,実技を教習する歌師4人,歌人40人,歌女100人,儛師4人,儛生100人,笛師2人,笛生6人,笛工8人の在来音楽関係や,外来音楽関係である唐楽師12人,唐楽生60人,高麗楽師4人,高麗楽生20人,百済楽師4人,百済楽生20人,新羅楽師4人,新羅楽生20人,伎楽師1人,伎楽生,腰鼓師2人,腰鼓生を擁する大寮で,楽戸が付属する。このうち〈師〉が教え,〈生〉はそれを習うもの。…

【楽師】より

…だが楽師はその才能にもかかわらず,女楽(歌伎)と同様に贈与物とされた(《左氏伝》襄公)のは,自分自身を賤工と卑下する意識(《楽記》師乙)と表裏をなして芸術家の自負をもちえず,すでに司馬遷によって楽師は技術屋と蔑視される(《史記》楽書)社会通念をもたらした。それは漢朝(前3世紀)が太常寺を設置して音楽を管理した際,829人の楽人中に多数の官奴を含んでいたことや,北魏(4世紀)より楽工制度が開かれ,盗賊や殺人のかどで死罪となった者の妻子,戦乱による捕虜,およびその家族を奴隷として楽戸としたのは,楽人に対する身分的偏見を定着させた。隋が南北統一をして楽戸を長安に集めた時(6世紀末)はおびただしい数にのぼり,唐に入ってからも太常寺楽工は1万余,玄宗期(8世紀)には3万といわれる者が,順番に奏楽に当たった。…

【官戸】より

…司農寺等の官庁に籍があり,年間三番の交代制で1ヵ月ずつ勤務するたてまえであった。官戸中技能をそなえ少府・太常寺に上番するものを工戸・楽戸(工楽)と呼んで特別扱いとした。良民の半額に当たる口分田40畝支給の規定があり,婚姻は同一身分間でのみ認められた。…

【芸者】より

…これに対して,唐・宋時代には官妓が大いに栄えた。官妓は前漢の武帝が軍営に妓女をたくわえ,それを妻のない軍士に侍せしめたのにはじまるというが,魏晋南北朝時代に楽戸の制が設けられ,特殊の賤民(せんみん)である妓女が楽戸に入れられ,唐代にはその籍が教坊に属していた。唐代には長安の平康里は妓女のおるところとして知られ,彼女らの中には詩文に長じ,また小説の題材となった者も少なくない。…

【賤民】より

… この種の賤民には,賤役に従事するゆえに賤視されるものと,歴史的理由によって良民と区別されるものとがある。前者には娼妓,俳優,隷卒(役所にあって特定の賤役に従事する者),六色(冠婚葬祭の雑役に従事する者),理髪師などが,後者には楽戸,堕民(だみん),九姓漁戸,蛋(蜑)民(たんみん),寮民,棚民,丐戸(かいこ),伴当,世僕などが属する。楽戸は音曲歌舞を業とし,河北,山西,陝西に居住する。…

※「楽戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

楽戸の関連キーワード日本演劇雍正帝雅楽寮曲芸品部官戸散楽雑戸