コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榊原始更

美術人名辞典の解説

榊原始更

日本画家。京都生。榊原紫峰の弟。名は捨三。京都絵専卒。国画創作協会展で入選、同協会解散後は新樹社会員を経て無所属で活躍。洋風の写実的作品を描き、一時期油彩画・琳派風の作品も手がけた。昭和44(1969)歿、74才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榊原始更 さかきばら-しこう

1895-1969 大正-昭和時代の日本画家。
明治28年4月30日生まれ。榊原紫峰(しほう)の弟。大正7年国画創作協会展で「風景」が初入選。昭和3年新樹社結成に参加。洋画風の写実から,装飾的な琳派風の作風に転じた。昭和44年10月2日死去。74歳。京都出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。本名は捨三。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

榊原始更の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android