コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榊原紫峰 さかきばら しほう

5件 の用語解説(榊原紫峰の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

榊原紫峰

日本画家。京都生。名は安造。京都絵専卒。旧文展で注目を浴びたが、大正七年土田麦僊村上華岳らと共に国画創作協会を結成する。同会解散後は展覧会出品をやめ、画壇とは離れて独り静かに制作を続けた。また京都絵専・京美大教授として教育に携わり、日本画壇に貢献した。日本芸術院恩賜賞受賞。昭和46年(1971)歿、83才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

榊原紫峰【さかきばらしほう】

日本画家。京都市生れ。本名安造。1907年京都絵画専門学校卒。第4回文展の《ながき日》,第5回の《花ぐもり》で受賞。1918年土田麦僊らと国画創作協会を創立。四条派を骨子とし,中国院体画の風格を加えた古典的な画風の花鳥画が多い。
→関連項目入江波光村上華岳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榊原紫峰 さかきばら-しほう

1887-1971 明治-昭和時代の日本画家。
明治20年8月8日生まれ。42年文展に初入選。大正7年土田麦僊(ばくせん)らと国画創作協会を結成し,「奈良の森」などを発表。昭和12年母校京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)の教授。37年芸術院恩賜賞。昭和46年1月7日死去。83歳。京都出身。本名は安造。著作に「花鳥画の本質」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さかきばらしほう【榊原紫峰】

1887~1971) 日本画家。京都の生まれ。名は安造。文展で画壇に登場したが、鑑査に不満を抱いて1918年(大正7)土田麦僊・小野竹喬らと国画創作協会を結成。代表作「赤松」「奈良の森」「獅子」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone