コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造汚職 こうぞうおしょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構造汚職
こうぞうおしょく

日本の文化や制度を原因として発生する汚職をいう。汚職の成立には,公務員の職務権限と,授受される金品の賄賂 (わいろ) 性が明白でなければならないが,特に与党政治家の場合は,公務と政治家の仕事との区切りは明確ではない。政府の政策形成で実質的な力を持つ族議員が,法案の与党審査で特定業者のために便宜を図れば,実質的に収賄罪に当たろう。しかも歳暮中元,その他の挨拶と称して提供者の意図が不明確なままに金品を贈与することが習慣となっている「贈り物文化」が日本文化の特色である。企業から政治家に供給される政治資金も,付き合いから意図が明白なものまで存在するが,その境界は不明確であり,それだけに汚職の裾野は限りなく広い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうぞうおしょく【構造汚職】

政治構造に根ざして生じる汚職。一党の長期支配、中央官庁の許認可権の独占、財界の多額の政治献金などが原因とされ、法的には汚職事件とされないものも含めていう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

構造汚職の関連キーワードイタリア政界汚職事件シーメンス事件ロッキード事件斡旋収賄罪指揮権発動政治献金中央官庁造船疑獄一党財界疑獄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android