コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造汚職 こうぞうおしょく

2件 の用語解説(構造汚職の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構造汚職
こうぞうおしょく

日本の文化や制度を原因として発生する汚職をいう。汚職の成立には,公務員職務権限と,授受される金品の賄賂 (わいろ) 性が明白でなければならないが,特に与党政治家の場合は,公務と政治家の仕事との区切りは明確ではない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうぞうおしょく【構造汚職】

政治構造に根ざして生じる汚職。一党の長期支配、中央官庁の許認可権の独占、財界の多額の政治献金などが原因とされ、法的には汚職事件とされないものも含めていう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

構造汚職の関連キーワード待合政治多頭政治政治革命政治塾政治社会政治面石田雄神島二郎望田幸男《ジョージ3世即位時の政治構造》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

構造汚職の関連情報