コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造盆地 こうぞうぼんち structural basin; tectonic basin

2件 の用語解説(構造盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構造盆地
こうぞうぼんち
structural basin; tectonic basin

断層褶曲など構造運動によって形成された盆地断層角盆地地溝盆地曲降盆地などの総称。また関東構造盆地のように盆地の地形を示さずに地質構造だけが盆地の構造をしている場合にも用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

構造盆地
こうぞうぼんち

地殻(ちかく)運動によって生じた盆地で、テクトニック盆地ともいう。ドイツの地質学者コバーL. Koberの分類(1928)による。このタイプの大地形としては、造山帯の二つの褶曲(しゅうきょく)帯間に一大沈降盆地として形成された中間地塊山地がある。メキシコの中央高原、ペルーとボリビアにまたがるアルティプラノ、ハンガリー、アナトリア(トルコ)、イラン、チベットなどの山間高原はその例である。これらよりも規模が小さい地形として、曲降盆地または褶曲による向斜状盆地、断層盆地(断層角盆地、地溝盆地)などがある。関東平野は、曲降盆地または向斜状盆地の盆地床にある。長野、松本、諏訪(すわ)、甲府、伊那(いな)などの諸盆地は断層盆地の適例である。[有井琢磨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

構造盆地の関連キーワード断層湖断層山地地質構造構造運動二次双晶褶曲断層エンドリシック角礫岩打撲摩擦岩微角礫岩構造地形

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone