コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂川 すながわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砂川
すながわ

東京都立川市の北部を占める地区。五日市街道沿いに成立した新田集落が起源。 1954年町制,63年立川市に編入。慶長年間 (1596~1615) 村野助右衛門の入植開墾により新田開発が始り,寛永年間 (24~44) に第1期を完了。元禄年間 (88~1704) に第2期開拓が行われて集落を拡大。典型的な台地開拓村で,短冊型の地割り形態も残存ウドの特産地。近年は西武鉄道拝島線沿線の宅地化が進んでいる。 1955~59年にアメリカ軍立川飛行場の拡張をめぐって,基地反対闘争の中心となったことで知られる (→砂川事件 ) 。現在,基地跡は国営昭和記念公園,陸上自衛隊駐屯地となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すながわ【砂川】[北海道の市]

北海道中部の市。平野部は石狩川の蛇行帯にあたり、山間部は歌志内の炭鉱地帯に隣接。化学工業・木工業などが盛ん。名はアイヌ語のオタウシナイ(砂の多い川)に由来。人口1.9万(2010)。

すながわ【砂川】[東京都の地名]

東京都の旧北多摩郡の町名。昭和38年(1963)立川市に編入。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すながわ【砂川】

北海道中部、石狩平野北部にある市。石狩川に沿い、舟運と背後の炭田で発展した。木材・化学工業が立地。
東京都北多摩郡の旧町名。1963年(昭和38)立川市に編入。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

砂川の関連キーワード北海道砂川市空知太西六条北海道砂川市空知太東一条北海道砂川市空知太東五条北海道砂川市空知太西四条北海道砂川市空知太西二条北海道砂川市空知太西五条北海道砂川市空知太西三条北海道砂川市空知太東三条北海道砂川市空知太東二条北海道砂川市空知太西一条北海道砂川市日の出一条南北海道砂川市日の出二条南北海道砂川市空知太東四条北海道砂川市晴見四条北北海道砂川市晴見三条北北海道砂川市晴見二条北北海道砂川市晴見一条北北海道砂川市吉野一条南北海道砂川市吉野一条北北海道砂川市吉野二条北

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砂川の関連情報