コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

様がましい(読み)ヨウガマシイ

デジタル大辞泉の解説

よう‐がまし・い〔ヤウ‐〕【様がましい】

[形][文]やうがま・し[シク]《中世・近世語》
もったいぶっている。いわくありげである。
「御下向なからんもなかなか―・しかるべし」〈盛衰記・四一〉
条件や注文がやかましい。うるさい。
「さてさてこなたは咄しに―・い人でござる」〈虎寛狂・千鳥

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ようがましい【様がましい】

( 形 ) [文] シク やうがま・し
〔中世・近世語〕
なにかわけがありそうだ。もったいぶっている。わざとらしい。 「 - ・しく 『あし引とはいかやうなる事』 など様々書きたるは/正徹物語」
注文が難しい。条件が厳しい。 「さてさてこなたは咄しに-・い人で御ざる/狂言・千鳥 虎寛本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android