コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樋口富蔵(初代) ひぐち とみぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樋口富蔵(初代) ひぐち-とみぞう

1766-1828 江戸時代後期の陶工。
明和3年生まれ。諸国を遍歴して伊予(いよ)(愛媛県)に滞在中,文政3年土佐高知藩にまねかれて能茶山(のうさやま)焼の創業につくした。2代樋口富蔵は次男の利吉がつぎ,藩窯の石焼棟梁(とうりょう)となった。文政11年死去。63歳。肥前大村(長崎県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

樋口富蔵(初代)の関連キーワード陶工

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android