標準理論(読み)ひょうじゅんりろん(英語表記)standard model

  • ひょうじゅんりろん〔ヘウジユン〕

知恵蔵の解説

1970年代以降、素粒子物理学で広まった理論の枠組み。強い力を説明する量子色力学と、弱い力と電磁気力を統一するワインバーグ・サラム理論(電弱統一理論)を二本柱とする。これらは、ゲージ理論という共通の形式をもつ。物質を形づくる基本粒子としてクオークレプトン各6種の計12種、力を媒介する基本粒子として光子(フォトン)、ウイークボソン(W粒子、Z粒子)、グルーオンを考える。粒子に質量を与えるヒッグス粒子も想定。強い力と電弱の力との統一が未達成なこと、重力を同じ枠に組み入れていないことなど、不完全な点も多い。より大きい枠組みの理論をつくるため、標準理論のほころびを示す実験結果が待望されている。2003年以降、B中間子と反B中間子の崩壊時にCP対称性の破れをみる実験(Bファクトリー)で、その破れ方から、ほころびがあるらしいとの見方も出ている。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

標準理論の関連情報