横尾恒正(読み)よこお つねまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横尾恒正 よこお-つねまさ

1837-1886 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)8年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)七日市藩士。藩の用人をつとめ,水戸藩天狗(てんぐ)党の藩陣屋前の通過を阻止して名をあげた。維新後は横浜,東京などで商業に従事し,のち前橋警察署主任警部となる。明治19年10月死去。50歳。通称は鬼角。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android