コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山耐雪 よこやま たいせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山耐雪 よこやま-たいせつ

1868-1923 明治-大正時代の医師,漢詩人。
慶応4年5月1日生まれ。第三高等中学医学部(岡山大医学部の前身)を卒業後,郷里島根県にかえり,明治24年日登(ひのぼり)村(木次(きすき)町)で開業,眼科診療にすぐれた。のち島根県医師会副会長などを歴任。この間上京し永坂石埭(せきたい)に漢詩をまなび,36年松江で剪淞(せんしょう)吟社を創立。大正12年8月26日死去。56歳。本名は大蔵。字(あざな)は士静。著作に「出雲詩綜」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

横山耐雪の関連キーワード大正時代