コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山華渓 よこやま かけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山華渓 よこやま-かけい

1815-1864 江戸時代後期の画家。
文化12年生まれ。京都で岸駒(がんく)や横山華山にまなぶ。天保(てんぽう)8年横山家をつぐ。また養蚕を奨励し,桑苗を無償で5年間,毎年80万本を郷里の若狭(わかさ)(福井県)などに配布した。文久4年2月6日死去。50歳。本姓は中尾。名は文英。字(あざな)は孟坦。通称は信平,主馬之助。別号に嵐山。作品に「蘭亭の図」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

横山華渓の関連キーワード元治ラ・ファリーナオブレノビチ家ミロシュ・オブレノビチプルーインマンチェスター学派エンゲルスワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)国家連合ルイ[18世]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android