コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山隆平 よこやま たかひら

2件 の用語解説(横山隆平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山隆平 よこやま-たかひら

1844-1903 明治時代の鉱山経営者。
弘化(こうか)元年生まれ。もと加賀金沢藩家老。明治14年叔父横山隆興が関与していた尾小屋(おごや)銅山の鉱業権をえて,隆興を鉱山長として隆宝館を設立。機械化と洋式製錬法を導入して生産を拡大した。公共事業にも力をそそいだ。明治36年7月31日死去。60歳。通称は三左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

横山隆平

没年:明治36.7.31(1903)
生年:弘化1(1844)
明治期の石川県の鉱業家。加賀(金沢)藩国老横山家13代。男爵,前田家評議員。父は12代隆章。明治13(1880)年叔父隆興 と尾小屋鉱山を買収,隆宝館を設立して,館主となる。隆興を鉱長とし,別に円三堂を組織した。当初,業績不振を理由に隆興との義絶を迫る旧家臣をなだめ鉱山に賭けて,順次鉱区を拡大し機械選鉱,洋式製錬を導入し生産を拡大,横山一門の財力の基礎を築いた。病没後長男隆俊が鉱業権を相続,37年横山鉱業部を創立した。41年には盛大な追善会が開催された。<参考文献>『故男爵横山隆平君追善会誌』,渡辺霞亭『横山隆興翁』,橋本哲哉『近代石川県地域の研究』

(小川功)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横山隆平の関連キーワード金沢平野金沢稲垣義方月嘯虎白長谷川準也日置謙森田良見山森隆横山一平横山隆俊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone