コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山雅男 よこやま まさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山雅男 よこやま-まさお

1863*-1943 明治-昭和時代前期の統計学者。
文久2年12月16日生まれ。上京して共立統計学校でまなび,スタチスチック社で「統計学雑誌」の編集にあたる。明治33年陸軍大学校教授。大正2年内閣統計官となり,9年第1回国勢調査を指導した。昭和18年2月12日死去。82歳。安芸(あき)(広島県)出身。広島師範卒。著作に「統計通論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

横山雅男

没年:昭和18.2.12(1943)
生年:文久2.12.16(1863.2.4)
明治大正を通じて統計の普及発展に尽くす。広島県生まれ。広島県師範学校を卒業,小学校教員のあと上京,明治19(1886)年共立統計学校を卒業,杉亨二を師と仰ぐ。23年陸軍省御用係,統計の編纂を行い,33年陸軍大学校の統計学教授となる。41年国勢調査準備委員会幹事となり,大正2(1913)年内閣統計官。9年の第1回国勢調査に活躍した。また明治22年スタチスチック社(25年に統計学社)の幹事となり『統計学雑誌』を編集,多数の論文を掲載。大正15年に社長となる。統計学の講師として全国を遊説し,著書『統計通論』は四十数版を重ねた。<参考文献>『統計学雑誌』(昭和18年3月号)

(永山貞則)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

横山雅男の関連キーワードレジスタンス文学太平洋戦争グリュクスボー朝グリュックスボー朝ウィグモアマキノ雅広中島名左衛門イー・ゲー・ファルベン新派劇ウィグモア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android