コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山雅男 よこやま まさお

2件 の用語解説(横山雅男の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山雅男 よこやま-まさお

1863*-1943 明治-昭和時代前期の統計学者。
文久2年12月16日生まれ。上京して共立統計学校でまなび,スタチスチック社で「統計学雑誌」の編集にあたる。明治33年陸軍大学校教授。大正2年内閣統計官となり,9年第1回国勢調査を指導した。昭和18年2月12日死去。82歳。安芸(あき)(広島県)出身。広島師範卒。著作に「統計通論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

横山雅男

没年:昭和18.2.12(1943)
生年:文久2.12.16(1863.2.4)
明治大正を通じて統計の普及発展に尽くす。広島県生まれ。広島県師範学校を卒業,小学校教員のあと上京,明治19(1886)年共立統計学校を卒業,杉亨二を師と仰ぐ。23年陸軍省御用係,統計の編纂を行い,33年陸軍大学校の統計学教授となる。41年国勢調査準備委員会幹事となり,大正2(1913)年内閣統計官。9年の第1回国勢調査に活躍した。また明治22年スタチスチック社(25年に統計学社)の幹事となり『統計学雑誌』を編集,多数の論文を掲載。大正15年に社長となる。統計学の講師として全国を遊説し,著書『統計通論』は四十数版を重ねた。<参考文献>『統計学雑誌』(昭和18年3月号)

(永山貞則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横山雅男の関連キーワード杉亨二洋学意を尽くす限りを尽くす数を尽くす気を尽くす気脈を通じる菊池郡蔵尚典和田豊

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone