コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横津岳 よこつだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横津岳
よこつだけ

北海道南西部,渡島 (おしま) 半島の南東部にある火山。七飯町に属する。標高 1167m。扁平な山容で,集塊岩安山岩などから成る。火山体は多くの河川によって浸食され,山麓には扇状地や段丘地形が発達。頂上は函館平野を一望に収める景勝地で,ハイマツガンコウランコケモモなどの高山植物がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕横津岳(よこつだけ)


北海道南西部、渡島(おしま)半島南東部にある成層火山。標高1167m。大沼(おおぬま)を挟み、北の渡島駒ヶ(こまが)岳と相対する。北麓(ほくろ)に鹿部(しかべ)温泉・東大沼温泉がわく。また山腹・山麓にスキー場・ゴルフ場が点在。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

横津岳の関連キーワード航空路監視レーダー七飯[町]七飯(町)渡島山地成層火山亀田半島北麓