コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横津岳 よこつだけ

2件 の用語解説(横津岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横津岳
よこつだけ

北海道南西部,渡島 (おしま) 半島の南東部にある火山。七飯町に属する。標高 1167m。扁平な山容で,集塊岩,安山岩などから成る。火山体は多くの河川によって浸食され,山麓には扇状地や段丘地形が発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕横津岳(よこつだけ)


北海道南西部、渡島(おしま)半島南東部にある成層火山。標高1167m。大沼(おおぬま)を挟み、北の渡島駒ヶ(こまが)岳と相対する。北麓(ほくろ)に鹿部(しかべ)温泉・東大沼温泉がわく。また山腹・山麓にスキー場・ゴルフ場が点在。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横津岳の関連キーワード渡島大島渡島山地檜山渡島渡島富士長万部松前大島北海道渡島〈総合振興局〉熊石〈町〉瀬棚〈町〉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone