コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

函館平野 はこだてへいや

5件 の用語解説(函館平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

函館平野
はこだてへいや

北海道渡島半島南東部,函館湾に臨む小平野。別称亀田平野大野平野函館市七飯町北斗市にまたがる。地味肥沃で道内では気候も温暖なため,元禄時代 (1688~1704) すでに水田経営が行なわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はこだて‐へいや【函館平野】

北海道南西部、渡島(おしま)半島にある平野。中心地は北斗市で、中心に大野川が流れ、その沖積平野が主で、一部に段丘地形・活断層見られる北海道で初めて米作の水田耕作が行われた。大野平野。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はこだてへいや【函館平野】

北海道,函館市の北部と上磯町,七飯(ななえ)町,大野町に広がる平野。亀田平野,大野平野とも呼ばれる。北は七飯町峠下を頂点とし,南は函館湾に臨むほぼ三角形の形状をなし,南東部は函館市街地が立地する陸繫砂州に連なる。平野中央部の東寄りを久根別川,西寄りを大野川が南流,両河川の間には低湿な沖積地が広がり,東部および西部には段丘や扇状地が分布する。温暖で土壌も肥沃なので,古くから米作が行われ,1685年(貞享2)に開田されたと伝えられる大野町文月(ふみづき)には〈北海道水田発祥の地〉の碑がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕函館平野(はこだてへいや)


北海道渡島(おしま)半島南部、函館湾に面する平野。亀田(かめだ)川・大野川の沖積(ちゅうせき)地からなり、東部と西部は段丘や扇状地が見られる。中心は函館市。亀田平野・大野平野とも。北海道の稲作先進地で、野菜・果樹栽培、酪農も盛ん。沿岸部にセメント・石油工場が立地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

函館平野
はこだてへいや

北海道南西部、渡島(おしま)半島南端にある平野。亀田平野、大野平野ともいう。大部分は大野川などのつくる沖積地で、七飯(ななえ)町峠下(とうげした)を頂点とする二等辺三角形をなしている。東部は段丘と洪積扇状地、西部は段丘と沖積扇状地である。北海道農業の先駆地で、北斗(ほくと)市には北海道における水田発祥の記念碑があり、果樹栽培も古くから行われた。湾岸には石油精製、セメント工業が立地する。平野の中心は函館(はこだて)市。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

函館平野の関連キーワード北海道函館市大町北海道函館市鍛治北海道函館市末広町北海道函館市浜町北海道函館市東山町北海道函館市船見町北海道函館市美原北海道函館市元町北海道函館市湯川町北海道函館市若松町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

函館平野の関連情報