樫山文枝(読み)かしやま ふみえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樫山文枝 かしやま-ふみえ

1941- 昭和後期-平成時代の女優。
昭和16年8月13日生まれ。樫山欽四郎次女。俳優座養成所をへて昭和38年劇団民芸俳優教室にはいり,39年「アンネの日記」の5代目アンネ役で初舞台。41年テレビ小説「おはなはん」で人気をたかめる。「三人姉妹」「二十四の」などの舞台や映画「男はつらいよ」などに出演。平成21年「海霧」の演技紀伊国屋演劇賞。東京出身。東京文化学園高卒。本名は綿引文枝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

樫山文枝の関連情報