海霧(読み)うみぎり

百科事典マイペディア「海霧」の解説

海霧【うみぎり】

〈かいむ〉とも読む。湿潤,温暖な空気が寒冷な面に運ばれ,下層大気が冷水面により露点温度以下に冷却されて生ずる。大半が移流霧夏季熱帯気団が北上して太平洋,大西洋北部で生ずる海霧は持続期間が長い。極地の氷原上の寒冷空気が海面上に流出して発生する霧は蒸気霧で,北極海の海煙などと呼ばれている。
→関連項目アポイ岳

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「海霧」の解説

海霧
うみぎり
sea fog

海上で発生する霧。「かいむ」ともいう。蒸発霧のこともあるが,多くは移流霧で,暖かくて湿った空気が冷たい海面上を移動していく間に,下方から冷やされて飽和点に達したときに発生する。日本付近では夏季に三陸沖から北海道南東部にかけて頻発空港視程障害の原因となっている。

海霧
かいむ

海霧」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「海霧」の解説

かい‐む【海霧】

〘名〙 海上に立つ霧。ガス。《季・夏》
※新聞雑誌‐二号・明治四年(1871)五月「米国(アメリカ)一隊の海軍、海霧(カイム)に遮隔てられ」 〔李白‐塞下曲〕

うみ‐ぎり【海霧】

〘名〙 海上にたつ霧。特に、春または夏に寒流や冷水域のあるところに、暖かい湿気を含んだ南または東南の風が吹きこんで発生する濃霧じり。かいむ。《季・夏》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「海霧」の解説

うみぎり【海霧】[書名]

原田康子小説。平成14年(2002)、上下2冊で刊行。作者自身の実家をモデルとした大河小説。第37回吉川英治文学賞受賞。

うみ‐ぎり【海霧】

海に発生する霧。移流霧の一種。蒸気霧のこともある。 夏》
[補説]書名別項。→海霧
[類語]ガススモッグ雲霧朝霧夕霧夜霧狭霧海霧かいむ煙霧濃霧

かい‐む【海霧】

海上に立つ霧。ガス。 夏》
[類語]ガススモッグ雲霧朝霧夕霧夜霧狭霧海霧うみぎり煙霧濃霧

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の海霧の言及

【霧】より


[霧粒]
 霧粒は直径数μm~数十μmの大きさで,1cm3の空気中に数個~数百個含まれている。また,単位体積中に霧粒として存在している水の量を霧水量(きりみずりよう)といい,海霧で1m3当り0.1~2g,放射霧で0.01~1g程度である。霧水量が多いときほど一般に視程は低下し,0.1g/m3のときの視程は数百mの程度であるが,0.5g/m3で100m,2g/m3で数十mとなる。…

※「海霧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android