コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樫山欽四郎 かしやま きんしろう

1件 の用語解説(樫山欽四郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樫山欽四郎 かしやま-きんしろう

1907-1977 昭和時代の哲学者。
明治40年5月1日生まれ。樫山純三の弟。昭和24年母校早大の教授となる。近世ドイツ哲学,とくにヘーゲル哲学を研究し,のち実存哲学を研究対象とした。ヤスパース協会,実存主義協会創立にくわわり各理事を歴任。昭和52年8月7日死去。70歳。長野県出身。著作に「ヘーゲル精神現象学の研究」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

樫山欽四郎の関連キーワード磁鉄鉱系列複成片麻岩内褶曲新派劇イギリス映画北洋漁業永江智明松崎しげるボクまろ三元触媒システム冤罪

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

樫山欽四郎の関連情報