コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樫山欽四郎 かしやま きんしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樫山欽四郎 かしやま-きんしろう

1907-1977 昭和時代の哲学者。
明治40年5月1日生まれ。樫山純三の弟。昭和24年母校早大の教授となる。近世ドイツ哲学,とくにヘーゲル哲学を研究し,のち実存哲学を研究対象とした。ヤスパース協会,実存主義協会創立にくわわり各理事を歴任。昭和52年8月7日死去。70歳。長野県出身。著作に「ヘーゲル精神現象学の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

樫山欽四郎の関連キーワード実践理性批判樫山文枝昭和時代精神

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android