コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おはなはん

3件 の用語解説(おはなはんの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

おはなはん

1966年公開の日本映画。監督:野村芳太郎、原作:小野田勇、林謙一、脚色:山田洋次、撮影:川又昂。出演:岩下志麻、栗塚旭、加藤嘉、水戸光子、小林幸雄、左卜全、高橋とよほか。NHKで放映された同名ドラマを映画化したもの。同年に続編が公開。

おはなはん

NHKのドラマシリーズ「朝の連続テレビ小説」の作品のひとつ。1966年4月~1967年4月放映。脚本:小野田勇。音楽:小川寛興。出演:樫山文枝高橋幸治ほか。原作は、林謙一『随筆・おはなはん一代記』。愛媛県大洲市、東京都を舞台に、軍人の夫に先立たれたヒロイン・はなが女手一つで息子を育て上げる姿を明治・大正・昭和の時代背景とともに描く。主人公は原作者の林謙一の母がモデル。平均視聴率は45.8%。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

おはなはん

小野田勇脚本の連続テレビ小説「おはなはん」の主人公。
親がきめた縁談に反発して軍人と結婚。夫の死,女子医学校への進学,長男の大けがなどさまざまな苦難を,生来の勝ち気と明るさで乗り越え,明治・大正・昭和を助産婦として生き抜く。樫山文枝主演で昭和41年NHKで放映され,最高60パーセントをこす視聴率を記録。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

おはなはんの関連キーワード旅路天花あしたこそおはようさん北の家族ふたりっ子水色の時都の風娘と私私の青空

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おはなはんの関連情報