コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高木限界 コウボクゲンカイ

5件 の用語解説(高木限界の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうぼく‐げんかい〔カウボク‐〕【高木限界】

高木の生育が不可能となる限界線。高山や高緯度地方にみられる。樹木限界。喬木(きょうぼく)限界。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうぼくげんかい【高木限界 tree limit】

環境条件が地域的に変化し,高木の生育に不適な状態になるため,高木が直立状で分布できなくなる限界線で,樹木限界ともいう。高緯度・高山での低温・強風・多雪,砂漠での乾燥,湿原での過湿,山頂・海岸での強風・乾燥など生育環境が厳しくなったり,生育期間が短くなると樹木の生育が困難になる。環境が変化して樹木が生育できなくなる限界線では,急激な移行のみられる場合もあるが,幅のある移行帯を生じることが多い。まず高木が生育できる微環境が全体的ではなくなり,不均一で限られるようになり,森林が成立しなくなる(森林限界)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうぼくげんかい【高木限界】

環境条件の悪化により、高木が生育不可能となる限界線。高山や高緯度地方で見られる樹木限界。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高木限界
こうぼくげんかい

樹木限界」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高木限界
こうぼくげんかい

極地、高山などにおける高木の分布する限界、または限界線をいう。降水量の多い所ではほぼ森林限界に一致するが、乾燥した地域では森林限界を超えた地域にも単木が点在することが多い。[大場達之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の高木限界の言及

【森林限界】より

…限界線は相観により判断されるが,環境が急激に変化するところでは明確であるのに対し,環境変化がゆるやかだと移行は連続的である。環境傾度にそって,森林限界から高木限界,低木限界へと移り変わる移行帯がみられることが多い。 森林限界は,高緯度地方では亜寒帯(針葉樹林帯)と寒帯(ツンドラ帯)の境に生じ,北半球では北緯60゜~70゜付近になるが,大陸西岸では海洋性気候のため北上する。…

※「高木限界」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone