コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本周延 はしもと ちかのぶ

1件 の用語解説(橋本周延の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本周延 はしもと-ちかのぶ

1838-1912 幕末-明治時代の浮世絵師。
天保(てんぽう)9年8月8日生まれ。歌川国芳(くによし),3代歌川豊国,ついで豊原国周(くにちか)にまなぶ。美人画にすぐれ,江戸城大奥の風俗画や明治開化期の婦人風俗画などで知られる。大正元年9月29日死去。75歳。越後(えちご)(新潟県)出身。名は直義。別号に楊洲。作品に「真美人」36図,「大川渡し舟」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

橋本周延の関連キーワード歌川芳景(1)歌川芳員歌川芳艶(2代)歌川芳広歌川芳藤河野清助五葉亭広信里の家芳滝昇斎一景鳥居清秀(2代)