橋本藤左衛門(読み)はしもと とうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「橋本藤左衛門」の解説

橋本藤左衛門 はしもと-とうざえもん

1770-1848 江戸時代後期の豪商
明和7年生まれ。先祖楠木正成一族という。摂津二ツ茶屋村(神戸市)の酒造・海運業者。河川治水につくし,浜に小船の避難所をもうけた。天保(てんぽう)6年(1835)正成の没後五百年祭をおこない,鑽仰(さんぎょう)の詩歌を編集して「嗚呼帖(おこのじょう)」と題し墓前にささげた。嘉永(かえい)元年12月死去。79歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android