橋本藤左衛門(読み)はしもと とうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本藤左衛門 はしもと-とうざえもん

1770-1848 江戸時代後期の豪商。
明和7年生まれ。先祖楠木正成の一族という。摂津二ツ茶屋村(神戸市)の酒造・海運業者。河川治水につくし,浜に小船避難所をもうけた。天保(てんぽう)6年(1835)正成の没後五百年祭をおこない,鑽仰(さんぎょう)の詩歌を編集して「嗚呼帖(おこのじょう)」と題し墓前にささげた。嘉永(かえい)元年12月死去。79歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android