コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本藤左衛門 はしもと とうざえもん

1件 の用語解説(橋本藤左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本藤左衛門 はしもと-とうざえもん

1770-1848 江戸時代後期の豪商。
明和7年生まれ。先祖は楠木正成の一族という。摂津二ツ茶屋村(神戸市)の酒造・海運業者。河川の治水につくし,浜に小船の避難所をもうけた。天保(てんぽう)6年(1835)正成の没後五百年祭をおこない,鑽仰(さんぎょう)の詩歌を編集して「嗚呼帖(おこのじょう)」と題し墓前にささげた。嘉永(かえい)元年12月死去。79歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

橋本藤左衛門の関連キーワード三月革命ウィーン蜂起チェルシー磁器ノースクルーゼンシュテルン後桜町天皇ドイツ演劇仁井田南陽仁井田好古ロシア音楽

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone