橋本香坡(読み)はしもと こうは

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本香坡 はしもと-こうは

1809-1865 江戸時代後期の儒者。
文化6年2月生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)沼田藩士。大坂で篠崎小竹(しのざき-しょうちく)にまなぶ。伊丹(いたみ)(兵庫県)明倫堂の初代教頭となり,のち大坂に塾をひらく。萩(はぎ)藩の勤王派をたすけたため新選組に捕らえられ,慶応元年10月10日獄死。57歳。名は通(とおる)。字(あざな)は大路。通称は半助。別号に毛山など。著作に「皇朝名家詩鈔」「西遊詩稿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android