橋殿(読み)ハシドノ

デジタル大辞泉の解説

はし‐どの【橋殿】

谷や道などの上に、のように、架け渡してつくってある屋形
「―に局(つぼね)をしてゐて、よろづの事を言ひかはしけり」〈大和・一二二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はしどの【橋殿】

川や谷・池などの上に、橋のようにかけ渡して造った建物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はし‐どの【橋殿】

[1] 〘名〙 または低地などに、床を高くし橋のように架けわたして造った建物。京都市の上賀茂神社で、(なら)の小川にかけた橋本社がその例。
※大和(947‐957頃)一二二「はしどのに局(つぼね)をしてゐて、よろづの事をいひかはしけり」
[2] (波止土濃) 地名。滋賀県大津市坂本日吉大社の大宮(西本宮)の前、大宮川に架した橋の名といわれ、釈迦が山王の大宮権現として垂迹(すいじゃく)した地と伝える。一説に、同大社境内の走井堂(元三大師堂)付近の地名ともいう。
※高野本平家(13C前)一「大宮の波止土濃(ハシドノ)より八王子の御社まで、廻廊つくてまいらせむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

橋殿の関連情報