コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘擬 タチバナモドキ

デジタル大辞泉の解説

たちばな‐もどき【×擬】

バラ科の常緑低木。枝にはとげがあり、長楕円形の葉を密につける。初夏、黄白色の花が密生して咲き、実は平たい球形で橙黄色に熟す。中国の原産。庭木生け垣などにする。ピラカンサ。ほそばのときわさんざし。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たちばなもどき【橘擬】

バラ科の常緑低木。中国南西部原産。庭木・生け垣などにする。よく分枝し、とげが多い。葉は倒披針形。五、六月、白色の小花を散房花序につける。果実は小さな扁球形で、晩秋、橙黄色に熟す。ホソバノトキワサンザシ。ピラカンサ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

橘擬 (タチバナモドキ)

学名:Pyracantha angustifolia
植物。バラ科の常緑低木・小高木

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

橘擬の関連キーワードホソバノトキワサンザシ散房花序

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android