コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘花 きっか

1件 の用語解説(橘花の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橘花
きっか

第2次世界大戦末期,1945年の終戦ぎりぎりに飛んだ日本初のジェット戦闘機日本海軍は 1939年頃からジェット機の研究にとりかかり,1944年ドイツから潜水艦で持ち帰った資料も加えてジェットエンジン「ネ-20」をつくり上げ,これを2基搭載する双発機の設計を中島飛行機に依頼した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の橘花の言及

【ジェット機】より

…ジェット機の実用化もドイツが最初で,44年メッサーシュミットMe262が実戦に加わった。日本では終戦直前の45年8月7日に飛んだ橘花(きつか)が最初のジェット機(当時,日本ではタービンロケット機と呼んだ)である。ジェット機の本格的な実用化は大戦後で,各国のおもな軍用機は50年代前半までにジェット化された。…

【特別攻撃隊】より

…新特攻兵器としては,製作が簡単で操作容易なものが作られた。〈橘花〉は日本で初めての海軍ジェット機で,500kg爆弾を積み,敵艦に体当りすることを目的とした。〈剣(つるぎ)〉は構造を簡素化し量産を容易にした陸軍の体当り専門機で,250kg爆弾を搭載した。…

※「橘花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

橘花の関連キーワードセイム第2次世界大戦ファットマンリトルボーイ世界大戦戦ぎ福祉社会第三次世界大戦秘史《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

橘花の関連情報