コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機械時代 きかいじだいage of machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

機械時代
きかいじだい
age of machine

道具が機械に置き換えられることにより,人間社会の生産力は増大したが,反面,機械を作り出した人間が逆に機械に使われる事態となったばかりでなく,人間社会そのものが機械化され,複雑な社会機構を生んだ。このような社会状況を機械時代というが,この社会においては,機械を媒介とする人間の意思疎通,すなわちマス・コミュニケーションの発達がもたらされ,不特定多数大衆社会のなかにおける文化の画一化や個人の部分品化が促された。大衆社会の成立は,機械時代を背景にしているといえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

機械時代の関連情報