機械類信用保険(読み)きかいるいしんようほけん

世界大百科事典 第2版の解説

きかいるいしんようほけん【機械類信用保険】

中小企業の設備近代化および機械工業振興に資するため,政府が保険者になり,機械類の製造業者または販売業者との間に締結される信用保険(貸倒保険)。1961年に公布された〈機械類信用保険法〉(1970年に従来の〈機械類賦払信用保険法〉を改称したもの)に基づく。業者の行った個々の割賦販売契約,購入資金借入保証契約またはリース契約について買主倒産等により業者が不測損害(割賦販売のときは代金不払い,購入資金借入保証契約に基づくローン販売のときは金融機関への保証債務履行,リース契約のときはリース料の不払い)があった場合にその損害額の50%を塡補(てんぽ)するものであり,残りの50%は自己負担としている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android