コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛目文 くしめもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

櫛目文
くしめもん

土器文様の一種。一般に櫛状施文具によって施文された文様をいう。櫛目文様は,土器の表面装飾法として広範囲に行われ,特に北方ユーラシアに広く分布する。日本では弥生時代中期に西日本において独自に発生,発達をとげ,その土器を櫛目文土器と呼んだ。しかし,北方ユーラシアの櫛目文様との混乱を避けるため,日本のそれを,櫛描文と呼ぼうとする意見がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

櫛目文の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)モンゴル細石器文化雄基松坪洞貝塚赤峰紅山後遺跡茂山虎谷遺跡珠洲陶器窯跡屈浦里遺跡智塔里遺跡東三洞貝塚岩寺洞遺跡突瘤文土器小松(市)岩寺里遺跡斉家坪遺跡細竹里遺跡新石器時代東三洞遺跡金灘里遺跡瓜郷遺跡有文土器

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android