コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欠(き)餅 カキモチ

1件 の用語解説(欠(き)餅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かき‐もち【欠(き)餅】

餅を薄く切って干したもの。焼いたり油で揚げたりして食べる。
正月の鏡餅を、刃物で切るのを忌み、手や槌(つち)で欠いて割ったもの。 冬》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の欠(き)餅の言及

【かき餅(欠餅)】より

…同じ餅を小さなさいの目に切ったのが霰餅(あられもち∥あられ)で,江戸時代初頭にははじめからかき餅や霰餅にするための餅をつくる風が定着していた。《雍州(ようしゆう)府志》によれば,京都円山の安養寺,双林寺などでつくるものは〈円山欠餅(まるやまかきもち)〉として著名であった。それは厳冬の間に餅をつき,半乾きになったところで薄く切って陰干しにしたもので,名物として遠方へも送られたという。…

※「欠(き)餅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone