コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欠(き)餅 カキモチ

デジタル大辞泉の解説

かき‐もち【欠(き)餅】

餅を薄く切って干したもの。焼いたり油で揚げたりして食べる。
正月の鏡餅を、刃物で切るのを忌み、手や槌(つち)で欠いて割ったもの。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の欠(き)餅の言及

【かき餅(欠餅)】より

…同じ餅を小さなさいの目に切ったのが霰餅(あられもち∥あられ)で,江戸時代初頭にははじめからかき餅や霰餅にするための餅をつくる風が定着していた。《雍州(ようしゆう)府志》によれば,京都円山の安養寺,双林寺などでつくるものは〈円山欠餅(まるやまかきもち)〉として著名であった。それは厳冬の間に餅をつき,半乾きになったところで薄く切って陰干しにしたもので,名物として遠方へも送られたという。…

※「欠(き)餅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

欠(き)餅の関連キーワードかき餅(欠餅)かき餅

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android