コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米菓 ベイカ

4件 の用語解説(米菓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

べい‐か〔‐クワ〕【米菓】

米を主な材料として作った干菓子の総称。せんべい・あられなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

べいか【米菓】

米を主原料にした菓子の総称。もち米で作ったあられ・かき餅(もち)うるち米で作ったせんべいなどがある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

べいか【米菓】

米を原料としてつくられる菓子。せんべい・あられなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

米菓
べいか

米を原料としてつくられるおこし、煎餅(せんべい)、あられ、かき餅(もち)などの干菓子の総称。また干菓子ではないが、粳米(うるちまい)や糯米(もちごめ)の粉を搗(つ)いてつくる団子や、素甘(すあま)、ういろうなどの生(なま)菓子も広義の米菓である。米菓のなかでは、唐菓子(とうがし)(こめ)から発達したおこしや、鏡餅(かがみもち)を欠いてつくったかき餅やあられの歴史が古く、団子の歴史も菓子以前の経歴は弥生(やよい)時代までたどることができる。煎餅は関西では糯米の粉を水でこねて蒸し、薄く延ばしたものを丸く切り、焼いたもので、のちに2枚の煎餅の間に餡(あん)を挟んで最中(もなか)に変身したが、京干菓子ではこの煎餅を2枚に剥(は)いで、ざらついた面を表にし、中に梅肉などを挟む仕法があり、焼き種、煎餅種とよんでいる。草加煎餅に代表される関東の塩煎餅は全国的に好まれるが、煎餅、あられ、かき餅とも、ごまや海苔(のり)を混ぜたり、油で揚げるなど種類は多い。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の米菓の言及

【せんべい(煎餅)】より

…しかし,《嬉遊笑覧》が小麦粉系のせんべいを列挙したあげく,〈塩せんべいといふもの,むかしの煎餅にて〉としているのを見ると,塩せんべいの語はより古く,〈南部せんべい〉のような,塩味の小麦粉せんべいを指したものだったかもしれない。なお現在では,草加せんべいのような米粉系のせんべいと,あられかき餅など餅でつくったものを一括して米菓と呼ぶことが多い。和菓子【鈴木 晋一】。…

※「米菓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

米菓の関連キーワード菓子種駄菓子微塵粉毬餅黍団子寿煎餅上糝粉鳥の子餅炒粉餅/煎粉餅砂糖菓子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米菓の関連情報