歌舞音曲(読み)カブオンギョク

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 歌舞と音曲。歌ったり踊ったり、楽器をかなでたりすること。
※談義本・労四狂(1747)下「美女美童を集て歌舞音曲(カブヲンギョク)糸竹かまびすしく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の歌舞音曲の言及

【芸能】より

…また能は《周礼》《荀子》などによれば,よく事をなしうる才力,才芸の意で,そして司馬遷の《史記》ではこれが熟語となって学問にかかわる技術や能力の意味で用いられた。日本での初見は,大宝律令の医疾令で,典薬寮に登用する医生の学問的才能を芸能と称したが,以来,学問,武術,美術,歌舞音曲,遊戯等々広い分野にわたって,修練によって体得した人それぞれのわざと能力を芸能とよぶようになった。鎌倉時代,木工や鋳物師など手づくり職人たちの技術を芸能とよんだ(《東寺百合文書》)のもその例で,修練のわざを意味する芸能と下級荘官の職能,手工業者の技術などをいう(しき)とは意味の点では共通していた。…

※「歌舞音曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌舞音曲の関連情報