糸竹(読み)イトタケ

デジタル大辞泉の解説

いと‐たけ【糸竹】

《「糸」は琴・三味線などの弦楽器、「」は笛・(しょう)などの管楽器
和楽器総称。しちく。「糸竹の調べ」
音楽。音曲。「糸竹の道」

し‐ちく【糸竹】

《「糸」は弦楽器、「竹」は管楽器の意》楽器。また、音楽のこと。管弦。いとたけ。「糸竹の道」
「詩歌に巧みに、―に妙なるは」〈徒然・一二二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いとたけ【糸竹】

〔「糸竹しちく」の訓読み〕
〔「糸」は琴・三味線などの弦楽器、「竹」は笛・笙しようなどの管楽器〕 和楽器の総称。管弦。
音楽。音曲。

しちく【糸竹】

〔「糸」は弦楽器、「竹」は管楽器〕
楽器。音楽。いとたけ。 「 -の道」 「詩歌に巧みに-に妙なるは幽玄の道/徒然 122

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いと‐たけ【糸竹】

〘名〙 (「糸」は琴、三味線などの弦楽器、「竹」は笛などの管楽器)
① 楽器の総称。管弦。しちく。
※時雨亭文庫本大輔集(12C末)「あかつきのはちすのうてないろいろにしみまさるなるいとたけのこゑ」
② 音楽。遊芸。
※夫木(1310頃)一八「神風やみもすそ川のささ浪に声をあはする夜のいと竹〈藤原実兼〉」

し‐ちく【糸竹】

〘名〙 琴、琵琶(びわ)などの弦楽器と笙(しょう)、笛などの管楽器の総称。また、それらを演奏すること。糸竹管弦。管弦。いとたけ。
懐風藻(751)春日応詔〈美努浄麻呂〉「絲竹遏広楽 率舞洽往塵
※方丈記(1212)「糸竹・花月を友とせんにはしかじ」 〔蘇武‐詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の糸竹の言及

【吹打】より

…一方,純粋の打楽器合奏のみの清鑼鼓まで吹打に入れる説がある。この説では,民間器楽合奏を吹打と糸竹に大別し,前述の鼓吹,吹歌の類も吹打に入れている。吹打を楽器の音量により粗吹鑼鼓と細吹鑼鼓に分ける。…

※「糸竹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android