コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正宗敦夫 まさむね

美術人名辞典の解説

正宗敦夫

国文学者・歌人。岡山県生。洋画家正宗得三郎の兄。小説家正宗白鳥の弟。井上通泰に師事。島木赤彦斎藤茂吉等と親交があった。古書の保存と普及に努め、古書保存会・日本古典全書刊行会を創立。ノートルダム清心女子大教授を務めた。昭和33年(1958)歿、76才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正宗敦夫 まさむね-あつお

1881-1958 明治-昭和時代の歌人,国文学者。
明治14年11月15日生まれ。正宗白鳥の弟。正宗得三郎の兄。井上通泰(みちやす)に歌をまなぶ。歌文珍書保存会,日本古典全集刊行会を創立し,「日本古典全集」を刊行。のちノートルダム清心女子大教授。昭和33年11月12日死去。76歳。岡山県出身。著作に「万葉集総索引」,歌集「鶏肋(けいろく)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正宗敦夫
まさむねあつお
(1881―1958)

国文学者、歌人。岡山県に生まれる。兄は作家正宗白鳥、弟得三郎は洋画家。高等小学校卒業後上京、井上通泰(みちやす)に師事した。1909年(明治42)歌文珍書保存会を主宰し、25年(大正14)与謝野鉄幹(よさのてっかん)・晶子(あきこ)夫妻とともに『日本古典全集』を刊行した。晩年はノートルダム清心女子大学で国文学を講じた。著書に『万葉集総索引』『金葉和歌集講義』、歌集『鶏肋(けいろく)』がある。[久保田淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

正宗敦夫の関連キーワードノートルダム清心女子大学類聚名義抄金葉和歌集久保田淳昭和時代安倍季尚明治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android