コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正宗得三郎 まさむね とくさぶろう

百科事典マイペディアの解説

正宗得三郎【まさむねとくさぶろう】

洋画家。岡山県生れ。正宗白鳥の弟。寺崎広業日本画を学んだのち,東京美術学校西洋画科に学ぶ。白馬会展,文展に出品し,1914年―1916年,1921年―1924年ヨーロッパに留学,その間二科会の創立に参加した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正宗得三郎 まさむね-とくさぶろう

1883-1962 明治-昭和時代の洋画家。
明治16年8月22日生まれ。正宗白鳥,正宗敦夫(あつお)の弟。東京美術学校(現東京芸大)にはいり,青木繁と親交をもつ。明治42年文展入選。大正3年フランスに留学,マティスに感化をうける。4年二科会会員。昭和22年第二紀会結成に参加。富岡鉄斎の研究でも知られる。昭和37年3月14日死去。78歳。岡山県出身。作品に「モレーの運河」など。著作に「画家と巴里(パリ)」「鉄斎」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正宗得三郎
まさむねとくさぶろう
(1883―1962)

洋画家。岡山県生まれ。長兄は文学者正宗白鳥、次兄敦夫(あつお)は国文学者。1902年(明治35)上京し、寺崎広業(こうぎょう)の塾に通い日本画を学ぶが、やがて洋画に転じ、07年東京美術学校西洋画科を卒業する。在学中から青木繁(しげる)に傾倒し、青木グループの一員となる。09年第3回文展に『白壁』を出品。14年(大正3)渡仏し、マチスに会い感化を受ける。翌年二科展に作品を送って二科会会員となり、16年帰国して第3回二科展に滞欧作36点を陳列する。21~24年再渡欧。第11回二科展に『モレーの運河』ほかの滞欧作を特別出品した。第二次世界大戦後の47年(昭和22)同志と二紀会を結成。[小倉忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の正宗得三郎の言及

【明治・大正時代美術】より

…また坂本繁二郎は,東洋的な,浪漫的な心情を,光と影の色面に表現する独自の絵画世界をつくりだした。このほか二科会は,熊谷守一(もりかず)(1880‐1977),正宗得三郎(1883‐1962),中川紀元(きげん)(1892‐1972),鍋井克之(1888‐1969),小出楢重,国枝金三(1886‐1943),黒田重太郎(1887‐1970),林倭衛(しずえ)(1895‐1945),硲(はざま)伊之助(1895‐1977),関根正二,古賀春江,東郷青児(1897‐1978)ら,大正・昭和期の洋画界をリードする数多くの新人を世に出している。 二科会結成と同じ年,前年世を去った岡倉天心の一周忌を期して,日本画の横山大観,下村観山,木村武山(1876‐1942),安田靫彦,今村紫紅に洋画の小杉放庵を加えて,開店休業状態になっていた日本美術院が,洋画部も新たに設けて再興されている。…

※「正宗得三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正宗得三郎の関連キーワード正宗 得三郎中川 紀元栗原 信昭和時代宮永岳彦中川紀元

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android