コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正木時茂 まさき ときしげ

2件 の用語解説(正木時茂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正木時茂 まさき-ときしげ

?-1630 織豊-江戸時代前期の武将。
里見義頼(よしより)の次男。天正(てんしょう)9年正木憲時(のりとき)の死で正木家をつぎ,上総(かずさ)(千葉県)小田喜(大多喜)城主。慶長19年改易された安房(あわ)(千葉県)館山(たてやま)藩主里見忠義にしたがい伯耆(ほうき)(鳥取県)倉吉にうつり,のち鳥取藩にあずけられた。寛永7年6月20日死去。通称は弥九郎,大膳亮。名は時尭(ときたか)とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

正木時茂

生年:生没年不詳
戦国時代の武将。上総小田喜城(千葉県大多喜町)城主。大膳亮。時綱の子。里見氏の部将で,はじめは安房山之城(千葉県鴨川市)城主であったが,天文13(1544)年に上総小田喜の武田氏が滅びると,この地に入って上総東部を制する大領主として成長した。里見義尭・義弘に従う形で里見氏の活動を支え,永禄3(1560)年には北条氏の上総侵入を防ぎつつ,里見氏を代表して越後の上杉謙信と通じてその出兵を要請,翌4年には謙信の小田原攻めに参加している。勇猛の武将として知られ,ことに槍をよくしたという。<参考文献>『大多喜町史』

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の正木時茂の言及

【上総国】より

…一方山間部の真里谷城(木更津市真里谷(まりやつ)),庁南城(長生郡長南町),大多喜城(夷隅郡大多喜町)には守護代武田氏一族が拠り,古河公方,小弓公方を支持して活動したが,天文期の内争により衰えた。すなわち44年(天文13)里見義尭の宿将正木時茂が大多喜城に拠る武田朝信を攻め,朝信は敗れて自殺し,武田氏に代わって正木時茂が大多喜城主となったのである。またそのころ東上総の勝浦付近も武田氏の勢力範囲であったが,正木軍が進出してこれを制圧,勝浦,一宮の諸城は正木氏一族の拠点となった。…

※「正木時茂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

正木時茂の関連キーワード大多喜城阿部正澄酒井隆敏酒井玄治多賀高方千葉勝胤千葉利胤土岐頼春正木憲時正木正康

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone