コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正木照蔵 まさき てるぞう

1件 の用語解説(正木照蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正木照蔵 まさき-てるぞう

1862-1924 明治-大正時代の政治家。
文久2年7月生まれ。兵庫県会議員,報知新聞記者をへて日本郵船に入社,外航課長などをつとめる。大正6年衆議院議員(当選2回,憲政会)。大正13年5月17日死去。63歳。淡路(あわじ)(兵庫県)出身。字(あざな)は光。号は鶴山,因果庵。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

正木照蔵の関連キーワードサイゴン条約黒住教高校野球父を売る子フランス映画有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵片岡市蔵(初代)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone