コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正親町三条公積 おおぎまちさんじょう きんつむ

美術人名辞典の解説

正親町三条公積

江戸中・後期の勤王家。左大臣実房の子。桃園天皇に奉仕し、権大納言に進み、大宰権帥を兼ねた。王権回復を謀り、竹内式部について垂加神道を学び尊王思想を深めたが、竹内式部の事件に連座して停官永蟄居・落飾を命じられ、出家して杯水と号した。安永6年(1777)歿、57才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正親町三条公積 おおぎまちさんじょう-きんつむ

1721-1777 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
享保(きょうほう)6年9月3日生まれ。正親町三条実彦の長男。参議から大宰権帥(だざいのごんのそち),権大納言となり従二位。神道・儒学を竹内式部にまなび,桃園天皇への垂加神道進講に尽力した。宝暦8年宝暦事件に連座して永蟄居(えいちっきょ),さらに出家させられた。安永6年6月2日死去。57歳。号は杯水。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

正親町三条公積

没年:安永6.6.2(1777.7.6)
生年:享保6.9.3(1721.10.23)
江戸中期の公家。宝暦事件の中心人物のひとり。正親町三条実彦の長男。宝暦4(1754)年2月19日権大納言に任じられ,また議奏となる。同6年従二位。このころ京都で塾を開き,垂加神道や儒学を講じていた竹内式部に学ぶ。この塾には大納言烏丸光胤,中納言坊城俊逸,少納言西洞院時名,右中将高野隆古,左中弁勘解由小路資望のほか桃園天皇の侍読伏原宣条,近習高倉永秀,西大路隆共,中院通維,町尻兼望,岩倉恒具,今出川公言,裏松光世ら堂上グループが集まった。公積はその中心人物で,桃園天皇への垂加神道進講に尽力した。同7年6月4日彼ら近臣による若い天皇への垂加流の『日本書紀』進講が始まったが,そこでの尊王論が江戸幕府を刺激することを恐れた前関白一条道香,関白近衛内前が天皇に受講中止を申し入れ,公積らの行動を規制した。しかし,天皇が受講の意思を変えなかったため,ついに関白らは天皇側近からの式部門下排除を決め,同8年,公積は烏丸光胤,坊城俊逸,西洞院時名,高野隆古ほかとともに免官の上,永蟄居処分となり,翌9年竹内も処罰された(宝暦事件)。公積はさらに明和1(1764)年落飾を命じられた。<参考文献>辻達也「幕藩体制の変質と朝幕関係」(『日本の近世』2巻)

(藤田恒春)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

正親町三条公積 (おおぎまちさんじょうきんつむ)

生年月日:1721年9月3日
江戸時代中期の公家
1777年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

正親町三条公積の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android