コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

此処な ココナ

2件 の用語解説(此処なの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ここ‐な【×処な】

《「ここ(此処)なる」から》
[連体]
人や物を表す語の上に付いて、それがすぐ手近にあることを示す。ここにいる。ここにある。この。
「―殿様へ売ったほどに、そなたへやることはならぬ」〈虎明狂・雁盗人〉
人や物を表す語の上に付いて、それをののしっていう意を強める。
「―時致の腰抜けめ」〈伎・助六
[感]事の意外さに驚きあきれたときにいう語。これはなんとしたことだ。これはまあ。
「―、びっくりとしたが、わごりょは合点がゆかぬ」〈虎明狂・千切木

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ここな【此処な】

〔「ここなる」の転〕
( 連体 )
ここにある。ここにいる。 「 -若い衆」 「 -おひと」
人を表す語の上に付いて、軽蔑や非難の気持ちを表す。 「 -うそつき女郎め/歌舞伎・助六」
( 感 )
意外な事態に驚いた時に発する語。これは(どうしたことだ)。 「 -、びつくりとしたがわごりよは合点がゆかぬ/狂言・乳切木」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone