コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連歌盗人 レンガヌスビト

デジタル大辞泉の解説

れんがぬすびと【連歌盗人】

狂言。連歌会の当番にあたった貧乏な二人の男が連歌仲間の金持ちの家へ盗みに入り、床の懐紙を見て連歌を始めて主人に見つかるが、主人の句にうまく付けて許される。盗人連歌

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

れんがぬすびと【連歌盗人】

狂言の一。連歌の当番にあたって準備のできない貧乏な二人が金持ちの家に忍び入るが、発句を書いた懐紙を見つけて、添え句に熱中してしまう。金持ちは二人を発見するが、添え句に感心して、太刀などを与えて帰す。盗人連歌。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

連歌盗人
れんがぬすびと

狂言の曲名。雑(ざつ)狂言。連歌初心講の当(とう)(当番)を勤めることになったこのあたりの者(シテ)は、貧しくて費用に困り、同じく貧しい当の仲間と相談して2人で金持ちの家へ盗みに入る。しかし、床の間の懐紙に書いてある句を見て、つい添え発句・脇句(わきく)を付けて打ち興じてしまう。そこを亭主にみつけられるが、この亭主も連歌好きで、自分の第三句に四句目がうまく付けられたら命を助けようという。みごとに四句目を付け、2人は顔を隠しながら帰ろうとするが、亭主に顔見知りの者と見破られ、しかたなくわけを話す。同情した主人が両人に大刀・小刀を与えると、2人は喜びを謡い上げて帰っていく。連歌が流行した中世庶民社会を反映した曲。類曲に『蜘盗人(くもぬすびと)』がある。[池田英悟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

連歌盗人の関連キーワード五百八十年七回り等閑なしだくめく納受追い発句狂言太刀

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android