コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭仲夫 ていちゅうふChǒng Chungbu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄭仲夫
ていちゅうふ
Chǒng Chungbu

[生]睿宗1(1106)
[没]明宗9(1179)
朝鮮,高麗中期の武臣。黄海道海州の人。府兵 (→府兵制) の将校から上将軍に累進した。毅宗 24 (1170) 年文臣の長年にわたる支配権の独占に反抗し,多数の文臣を殺害するとともに毅宗を廃した (→庚寅の乱 ) 。のち明宗を擁立し,中書侍郎平章事,中軍兵馬判事となり,政治,軍事の権力を握った。明宗3 (73) 年の癸巳の乱で,さらに多数の文臣を殺害し,武臣政権を確立した。その後武臣相互の対立から,同9年に慶大升に殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ていちゅうふ【鄭仲夫 Chŏng Chung‐bu】

1106‐79
朝鮮,高麗朝の武臣で武人政権の創立者。黄海道海州の人。兵士から身を起こし,武勇を買われて毅宗のときに上将軍となった。当時武臣は文臣に軽蔑され不満がつのっていた。1170年毅宗が郊外に遊幸したとき,彼は護衛にあたっていたが,同行の李義方,李高らの武臣と共謀し,突如として王の一行に襲いかかり随行の文臣を斬り,つづいて王城にかけもどり,生活苦に悩んでいた兵士を扇動して蜂起させ,多くの文臣を殺害追放した(庚寅(こういん)の乱)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の鄭仲夫の言及

【武人政権】より

…また国軍の兵士も生活不安と重い労役に苦しんでいた。そういう不満がつのり,1170年鄭仲夫,李義方,李高らの武臣はクーデタを起こして兵士を蜂起させ,多くの文臣を殺害追放して一気に政権を掌握した(庚寅の乱)。つづいて73年東北面兵馬使金甫当が反対の兵をあげると,それを鎮圧すると同時に,またも文臣を殺害追放した(癸巳の乱)。…

※「鄭仲夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鄭仲夫の関連キーワード万積の乱庚癸の乱李仁老崔忠献趙位寵

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android