コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武器使用基準 ブキシヨウキジュン

2件 の用語解説(武器使用基準の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶきしよう‐きじゅん【武器使用基準】

自衛隊PKOなどに参加する際の武器使用の条件。海外での武力行使を禁じる日本国憲法第九条により、自衛隊には諸外国の軍隊よりも厳しい制約が課せられている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

武器使用基準

自衛隊が海外で、邦人輸送のほか、国連平和維持活動(PKO)、イラク派遣のような復興支援活動などで、武器を使える条件。自身と隊員に加え、近くにいる他国のPKO要員や国際機関の職員を守るためにも武器を使えるが、遠く離れた場所に駆けつけて武器を使う「駆けつけ警護」はできない。首相は邦人救出や駆けつけ警護に加え、米艦艇が攻撃された時、攻撃国へ武器弾薬を運ぶ船舶に対する検査も認めるべきだと主張。船舶への警告射撃などによる強制的な検査も、武器使用基準の緩和が必要になる。

(2014-02-07 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武器使用基準の関連キーワードキプロス国連平和維持軍国連平和維持軍PKF国連活動国連平和維持活動駆付け警護国連平和維持要員の国際デー恒久法(一般法)南スーダンPKO西イリアン国連平和軍

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武器使用基準の関連情報