コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武庫(むこ)一寸

1件 の用語解説(武庫(むこ)一寸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

武庫(むこ)一寸

兵庫県尼崎市で生産されるソラマメ。736年に来日したインドの僧が持ち込んで、行基上人に与えた豆を、武庫村(現在の尼崎市)で育てさせたのが栽培の始まりとされる。生育がよく、粒の大きさが一寸(約3.3cm)ほどにもなったことからこの名がつき、昭和初期までは広く栽培されていた。その後栽培が減少したが、地域の伝統野菜として保存されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武庫(むこ)一寸の関連キーワード尼一寸兵庫県尼崎市今福兵庫県尼崎市北城内兵庫県尼崎市食満兵庫県尼崎市椎堂兵庫県尼崎市田能兵庫県尼崎市築地兵庫県尼崎市寺町兵庫県尼崎市浜兵庫県尼崎市御園

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone